画像メール診断について|屈曲ペニスの修正術[大阪]

HOME>>画像メール診断について

画像メール診断について

一人で悩むより、専門医による無料画像診断が完治への近道

屈曲ペニス(陰茎湾曲症、屈曲陰茎、陰茎屈曲、湾曲ペニス、湾曲陰茎)で悩んでいても、忙しくてすぐには診察を受けに行けない方、事前情報なしで来院するのは不安な方のために、当院ではメールによる無料の画像診断を行っています。

メールでご自身の屈曲ペニスの状態を撮影した画像をお送りいただければ、専門医が責任を持って診断し、患者様それぞれに必要な手術方法や手術費用などをメール返信でお知らせします。

自分のペニス(陰茎)の曲がりは手術で治したほうが良い程度なのか?手術で治すことができるのか?しばらく放置していて良いのか?治療を急いだ方がいいのか?治す手術の費用は?といった不安の解消に役立ちます。


※画像の撮影方法やファイルサイズ、添付方法については下記の「写真撮影の注意点」「シミュレーション画像の作成」をご覧ください。

※画像診断の専用フォームは最下部の「画像診断のお申し込み」からお入り下さい。

※メールの画像診断は、専用のフォームをご用意しておりますが、ご自身のメーリングシステムでお送りいただいても構いません。

<ご自身のメーリングシステムをご利用の方は下記をご参照下さい>

ご自身のパソコンなどから直接メールを送信頂く場合の注意点

●メールの宛先  東京院 soudan@mens-clinic.jp大阪院 o-soudan@mens-clinic.jp

●メールのタイトル  屈曲ペニス画像診断

●画像  JPEGまたはPDF(できればJPEG)で保存したデータをメールに添付してお送りください。

※デジカメで撮影したデータをそのままお送りいただければ結構です。

※画像データを軽くすれば3枚(真上から撮影、右から撮影、左から撮影)を同時に添付して送れますが、データが重いとメールがエラーになる場合があります。このような場合は、メールを数回に分けて、画像を1枚づつ送っていただいても結構です。

必須項目  メールには以下の項目をすべてご記入ください。

  1. 氏名(ニックネームも可)
  2. 年齢
  3. 居住地(都道府県名と市区町村名、海外の場合は国名)
  4. 屈曲ペニス症状に気づいた年齢
  5. 思い当たる原因があるかどうか(生まれつきか、ペニスの怪我などが関係しているのか、など)
  6. 勃起時に曲がる以外の症状があるかどうか(痛みがある、しこりを触れる、包茎である、など)
  7. 屈曲ペニスに対して、矯正器具の使用経験があるかどうか?経験がある場合、使用時期はいつか?使用の結果は?
  8. 他院での屈曲ペニス修正手術経験があるかどうか?経験がある場合、その時期はいつか?手術の内容や結果は?

写真撮影の注意点

屈曲ペニス(陰茎湾曲症、屈曲陰茎、陰茎屈曲、湾曲ペニス、湾曲陰茎)の画像診断のための写真撮影は、以下の点に注意して撮影してください。

画像1枚あたりのファイルサイズ
画像をお送り頂く場合は画像1点あたりのファイル最大容量を1M(メガ)未満でお願いします。
容量が大きい場合、ファイルを受け取れない場合がございます。
完全勃起状態で撮影する
勃起の程度によってペニス(陰茎)の曲がりの角度が変化しますから、正確に診断するために完全に勃起した状態で撮影してください。
ペニス全体を撮影する
ペニス(陰茎)の根元から先までの全てが含まれるように撮影してください。また、体との位置関係、体に対するペニス(陰茎)の曲がり角度が分かるように、腹部や太ももの一部も少し含めて撮影してください。衣服で一部が隠れていたり、接写し過ぎてペニス(陰茎)の一部しか撮影されていないと、曲がりの位置や角度が正確に診断できません。
角度を正確に撮影する (真上・右・左の三点)
ペニスを勃起させ、起立した姿勢で、真上からと真横から(右からと左から)の3方向で撮影してください。ペニス(陰茎)が勃起時にねじれている場合もありますが、ねじれも診断しなければならないので、ねじれに合わせてカメラの撮影方向を変えるのではなく、必ず立位の体を基準にして、ペニス(陰茎)を真上からと真横から(右と左の両方)から撮影してください。
ピントを合わせる
カメラをmacro(マクロ)モードに設定するなどして、ペニス(陰茎)がピンボケにならないように撮影してください。
無背景が望ましい
必須条件ではありませんが、無地の壁や扉の前に立って撮影するなどして、背景を無地にして撮影いただけると、診断し易くて助かります。

≫上手に撮影された例 (こちらを参考になさってください){別ウィンドウ}
※男性器の画像です。18歳未満の方は閲覧をご遠慮ください。

ご相談先のクリニックをお選び下さい

下記の「東京院」「大阪院」いずれかをクリックして、入力画面へお進みください。
東京院へご予約 スペース 大阪院へご予約

若干のお時間を要することがありますが、お送り頂きました内容に対し、24時間以内にご回答させて頂きます。

稀にシステムやサーバーのエラーなどの原因により当院からの返信が届かない場合がありますので、24時間経っても、当院からの返信が届かない場合は、ご自身のメーリングシステムをご利用いただくか、お電話で直接ご連絡頂けますようお願い致します。

連絡先

【ご注意】携帯電話を受信先に指定される場合について

メールの返信先を携帯電話に設定される場合は、携帯電話のメール受信拒否設定を解除頂くか、ドメイン mens-clinic.jp を指定受信に設定してください。

お送りいただいた画像、個人情報の取り扱い

無料画像診断のためにお送りいただいた画像、患者様のお名前を公表することは一切ないことを、固くお約束いたします。

個人情報の漏えいなどが起こらないよう、最大限の配慮を持って管理いたします。

年齢、居住地(都道府県のみ、海外の場合は国名)、屈曲ペニスに気づいた年齢、思い当たる原因、勃起時に曲がる以外の症状、矯正器具の使用経験、他院での手術経験につきましては、アンケート結果として集計後に公表する場合がございます。

この際、個人が特定されるような内容が一切含まれないように必要に応じて編集いたします。

シミュレーション画像の作成

無料画像診断をご利用いただいた方が診察カウンセリングを受けにご来院いただく場合は、メールで送っていただいた画像を元に屈曲ペニス修正のシミュレーション画像を準備しておきます。

専門医がシミュレーション画像を使用してご説明し、患者様のご希望と照らし合わせて、最終的な修正デザインを決定します。

勃起時の画像データをメールではなく、ご来院当日にメモリカードやUSBメモリ、あるいは印刷してご持参される場合は、ご来院後にまず男性カウンセラーにデータをお渡しください。

事前に準備できないので院内でしばらくお待たせすることになりますが、同様に屈曲ペニス修正のシミュレーション画像を作ってからご説明いたします。

※勃起時の画像データがないと、具体的な修正手術のご説明や手術料金の提示ができませんので、ご注意ください。


Copyright (C) 20011 屈曲ペニス・ペニスの曲がり|屈曲ペニスの修正術|医療法人社団美幸会大阪院. All Rights Reserved.