屈曲ペニス修正術後のケア|屈曲ペニスの修正術[大阪]

HOME>>屈曲ペニス修正術後のケア

屈曲ペニス・屈曲陰茎の手術後の注意事項や管理

屈曲ペニス修正手術後のご自宅でのケアーは、誰でも行える簡単なものです。
以下の要点をご参考下さい。

飲み薬は5日分処方します。

飲み薬は抗生剤(化膿止め)、消炎剤(腫れ止め)、止血剤、痛み止め、をお出します。
痛み止めは痛みがあるときだけお飲み頂きます。当日は念のためお飲み頂きますが、翌日以降飲まれない方がほとんどのようです。

最初の包帯交換は手術の4日後(5日目)に行います

包帯は患部の保護と同時に、術後の腫れや出血を抑制する目的があり、手術直後は少し強めに巻いています。

手術当日からの4日間は、手術後に当院で巻いた包帯は外さずそのままお過ごし下さい。

5日目に全身のシャワーを浴び、包帯を濡らしながら、包帯を外し、浴室から出たら、消毒をして、包帯を傷口を保護する程度に軽く巻きます。(包帯交換)このときの包帯は強く巻く必要ありません。2週間後までの10日間は1日1回、包帯交換を繰り返し行ってください。

ご自宅で簡単にできるように、包帯の外し方や巻き方のコツを、あたかじめスタッフがご説明いたします。

屈曲ペニス手術後の包帯交換

シャワー・入浴について

屈曲ペニス手術後の包帯交換

手術当日からの4日間は、ペニスに包帯を巻いたままお過ごし頂きます。
このため入浴方法は普通とは異なり、包帯の上からコンドームやナイロン袋をかぶせて、 濡れにくいようにして軽いシャワー程度にしてください。

5日目以降は、包帯を外してて直接シャワーで洗うことができます。(シャワーの後、消毒後、新しい包帯に巻きなおしてください。)

2週間目以降は包帯不要となり、いつもどおり普通に湯船での入浴ができます。


お酒と運動は1週間控えてください

屈曲ペニス修正手術後の飲酒や運動は、血行が良くなり過ぎて術後出血や腫れ・痛みなどの原因になります。
はじめの1週間だけは控えるようにしてください。

抜糸の必要は原則ありません

縫合した糸は、傷の治りとともに自然に取れてなくなります。原則として抜糸のためにご来院頂く必要はありません。

手術後の性交渉について

マスターベーションは3週間目、性交渉は4週間目から

手術後2週間も過ぎると、手術の傷も落ち着き治っていますが、性交渉など激しくペニスを使用するにはもう少し時間が必要です。

手術後3週間目頃になると、全体的に治癒している状況になりますので、マスターベーションは可能です。無理せず様子を見ながら行なって下さい。

性交渉では相手を伴うので、手術後4週間目を目安に待機してください。

真っ直ぐに生まれ変わったペニスで、新たな気持ちに!

手術後は勃起するたびに嫌な思いをすることがなくなります

曲がって挿入しにくい、すぐに抜けてしまう、パートナーが痛がるなど、性行為時の苦痛は解消しているはずです。

屈曲ペニスの手術は、性感帯に影響をおよぼす手術ではないので、ご安心ください。

アフターケア24時間対応

手術や治療を受けた後日(手術後)は、本来あまり心配する必要は無いのですが、手術は皆さんにとって初めてのことです。

手術の経過について、ちょっとした事でも不安を感じることがあるかもしれません。

そんな時でもご安心下さい。

当院では手術を受けられた患者様を24時間体制でバックアップしております。
夜中に、心配なこと、ちょっと聞きたいことがあった場合でも専属スタッフ が24時間対応していますのでご安心下さい。

アフターケア無料

治療後の経過に関する診察や診療は全て無料で対応しております。
心配なことがあればいつでもご来院下さい。

包茎の手術や治療のアフターケア

画像診断について

画像の添付とご相談を同時にお送り頂ける「画像診断の申し込み」フォームをご用意しました。

もちろん仮名でのお申し込みでも構いません。

ご来院前に勃起時のペニスを撮影した画像データをメールでお送りいただくことにより、 画像診断と手術計画を行い、手術費用の見積りを提示いたします。

患者様はあらかじめ手術費用が分かっているので、ご納得の上でご来院いただくことができます。

また、ご来院時には画像データをもとに作成したシミュレーション画像を使ってカウンセリングするので、 手術前に仕上がりのイメージを把握することができます。

※事前に画像診断をお受けいただかない場合でも、手術当日に画像診断から治療までご案内することも可能です。


Copyright (C) 20011 屈曲ペニス・ペニスの曲がり|屈曲ペニスの修正術|医療法人社団美幸会大阪院. All Rights Reserved.